スミス DXシャーブニングキット 

smith spkit
 スミスのデラックスシャープニングキット。

 昨日のケースのオイルストーンでは小さくて使いづらいため、

 大きな砥石が二つ入ったものを購入しました。

 黒っぽい方が中砥ぎ用、

 白っぽい方が仕上げ砥ぎ用です。

 専用のホーニングオイルも付いています。

 中砥ぎ用はレッドシダーの台が付いており

 使いやすく工夫されています。

 やはり、これくらい大きくないと砥ぎの作業がはかどりません。

 一つ買っておけば数十年使えますから、

 良いものを買った方が得になりますね。


テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ケース オイルストーン

case oilstone
 アメリカ製ケースのアーカンソーオイルストーン。

 昨日のナイフの砥石です。

 7cm x 3cm x 0.5cm のサイズです。

 かなり前ですが特価で 1,100円しました。。。

 昔は輸入品は皆高かったですから・・・

buck h oil
 で、オイルストーンというように、

 専用のオイルを塗ってから使用します。

 アメリカ製バックのホーニングオイル。

 オイルの量はそんなに必要ではありません。

 日本式の水と砥石で刃物を研ぐ方法とは少し異なります。

 余談ですが、浅草に砥石の専門店があったのですが・・・

 料理人とか大工とか刃物を使用するプロは、

 砥石にもこだわる人が多いようで、

 高級な砥石は数万円もします。

 素人には違いが分りませんが、

 需要があるから売っている訳ですから・・・

 オイルストーンで研ぐ感触はなかなか良いものです。

 切れ味も復活して仕事もはかどります。


テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

ケース ポケットナイフ

case kn1
 アメリカ製ケースのポケットナイフ。

 とても小さなナイフです。

 引き出しに入れておいて・・・

 鉛筆を削ったり、紙をカットしたり・・・

 カッターナイフの代わりですが。。。

 ちょっとしたモノでもこだわりたいと思うと、

 ホンモノが欲しくなります。

 ラブレスみたいに 10万円もするナイフだと、

 ちょっと引いてしまいますが・・・

 ナイフが趣味ではなくて、あくまでも実用品として。

 カッターナイフは切れなくなったら折ったり、

 交換すればよいので簡単です。

 ナイフは専用のオイルストーンで研がなくては

 ならないためとても面倒ですが・・・

 それを面倒と思う人はカッターを使用すればいいし、

 研ぐのも楽しいという人はナイフも魅力的です。


 

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

スキットル

skit
 スキットル・・・

 旅行用のお酒(スピリッツ)を入れる容器です。
 
 ステンレスに牛革巻きとなっています。

 お酒なら何でもいいと思っている人も多いのですが、

 ワインとか日本酒だと中で酸化するため不可です。

 説明書にも書いてあります。

 間違った使い方をしないように・・・

 で、ウイスキーを入れて旅行に持って行ったり、

 最初小さい 4oz入り(120ml)を購入。

 しかし、小さすぎたため大きい 6oz入りにしました。

 値段はほとんど変わらないので・・・

 よく考えて買わないとダメですね。

 

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

DTM その65

気球音アイコさんの曲が完成しました・・・

続きを読む

テーマ : UTAU
ジャンル : 音楽

プロフィール

nipek

Author:nipek
コダワリのモノ。
日用品からアウトドア、釣り、
カメラ、バイクまで
お気に入りのモノを紹介していきます。いいモノばかりでなく、
がっかりだったモノも。
価格を付けたモノは販売します。
購入希望の方はコメント欄へ、
本名フルネーム、メールアドレスをお願いします。秘密欄へチェックを入れるのを忘れずに。

◎写真の無断使用を禁止します。使用したい方は有料1点1万円です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
アクセスカウンター
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
アマゾンで探す
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード
QR